いぬ丸動物王国

初心

前記事にも書いた気持ちの問題。

シーズン初めは目標だった佳境入りができて、すごく楽しくプレーが出来ていたような気がします。
それが好成績に結び付いていたのでしょう。


それが少し結果が出ない事が続いてくると、結果を出そう、佳境を守ろうとして腕を振れなくなってきてましたね。
特に右に出すのを怖がって…

チャレンジャーだったはずなのに、チャレンジャー精神を忘れてしまったんだろうね。


高ポイント出したい→右に出す→振れなくなる→ポイント出ない→佳境を守りたい→高ポイント出したい→
って感じのまさに『負のスパイラル』

これがクリスマスカップ〜御前崎まで続いてました。

原因はいくつかあるとは思います。

ひとつは、受け渡し。

にゃあこの時と私の時では明らかに違う。

あっ!全部わさびの話しね。

シーズン前半は、スロー後一緒になって走って呼び戻していました。
にゃあこは逆に根っこ生やしてます。

走ると自分のテンションも、わさびのテンションも上がっているようでした。

ただ、上がっている分、受け渡しのタイミングがバラバラになり加減になっていました。

にゃあこの時はわりと冷静で、同じタイミングで受け渡す。

自分の調子が悪くなって来た時に、これを原因に求めてしまいました。

動きながらだから安定しない。
結果を出しているにゃあこに合わせたほうが良いだろう。

と、言う事で、なるべく動かず、受け渡しのタイミングもにゃあこのタイミングで練習、本番を繰返しました。

でも、受け渡しは確かに良くなりましたが、スローはどんどん悪くなる。

動かないと自分のテンションも以前より上がらず、比例してわさびのテンションも上がらず。
成績も下降。

御前崎は特に最悪な状態。足場は砂浜状態。

わさびは初日から参加していたので、疲れが見え隠れ。

同じゲームしていたら、ダメに決まってますよね。


そこで、最終戦はポイントは関係なく、シーズン初めのようなプレーをしようと誓い、臨みました。


そう、御前崎が終わって越路までの間にいろいろ考えました。

ビデオを見ても何が悪いかよくわからなかった。
ただ、楽しそうではない事は見てとれました。


そこで、ふと思い出しました。
それはディスクを始めた頃、飛皿の先輩方々(へろさんやチャブママさん達)によく言われた事。

『自分が犬になって遊ぶ』『自分がテンションを上げる』『バカだと思われるほど、バカになれ』
等々…

ディスクがさほど好きではなかった、ゴールデンのモモに、いかにして好きになってもらうか試行錯誤していた頃の話しです。


大会でのワンキャッチがどれほど嬉しかった事か…

距離とかポイントなんて関係なかった。
ただ、1分間楽しく走って、キャッチしてもらえるかだけだった。


完全に初心を忘れていました(T_T)


この事を思い出したら、ふっと力が抜けました。


そうしたら、たまたまだろうけれど、サバ決勝2頭出し。

スーパーもポイントはイマイチですが、悔しさよりも爽快感。

久しぶりに、なすわさと楽しめました。


もう忘れません、『初心』。


人もわんこも楽しくなくっちゃね。


あとは、投げ手が猛練習あるのみ!(汗)



がんばるのだ!
[PR]



by inumaruGT | 2010-05-25 22:59

いぬ、ねこ大家族のはちゃめちゃ日記
by inumaruGT
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧